昨日に続きまして
熟成焼肉 听(ポンド) 四条大宮店さ~ん での

【後編】でございます(^_^)




さて、いよいよ
听さんが誇る

熟成肉の登場です!!


座布団の焼きしゃぶ(通常 一人前 1980円)


別名羽下と呼ばれる座布団肉

これを約40日間、熟成(ドライエイジング)させたお肉です。(;゜0゜)



素晴らしい肉の質感



この肉の上で眠りたいσ^_^;


この座布団を、ササッと
しゃぶしゃぶのように表面だけ軽く焼き





沢山の大根おろしを巻くようにいただきます(^_^)


う~ん( ´ ▽ ` )ノ








柔らかいお肉!そして噛めば噛むほど旨味が溢れ出てくる~♪




これが熟成肉の真髄なのでしょうか?

しかしまだまだ理解するには入口付近のようでしたね(^_^)







引き続きまして

ブリスケのみぞれ焼き(通常  1280円)










ブリスケは
牛の肋骨周りのお肉、
本来は繊維が粗く固い部位ですが、熟成する中で
大変しっとりした、柔らかいお肉に生まれ変わります


焼けたブリスケに、みぞれおろしを少し載せいただきます(^_^)


みぞれおろしだけでなく、
ネギやキムチを少し載せて巻いて食べると

また最高です( ´ ▽ ` )ノ







さて
タレ焼きが来ましたよ( ´ ▽ ` )ノ


揉みこみカルビ  (通常680円)




やはりカルビは焼肉の王様ですね( ´ ▽ ` )ノ
焼いたお肉の香りがまた食欲を沸かせてくれますね




この  揉みこみカルビ

お店のオススメは
千切りキャベツと共にいただくということですが




確かにあっさりヘルシーにはいただけるのですが


やはり、焼肉といえば

オン、ザ、ライス‼︎


ライス 小 (通常 150円)




思わず頼んでしまいましたσ^_^;

白いごはんの上にカルビ (^_^)



更に  たまらなく美味しく感じます( ´ ▽ ` )ノ

い~え~、美味い焼肉は、ライスと一緒だと

めちゃくちゃ


美味いんです‼︎


(川平慈英ふうに  なるんです!(^o^)/)




しかし!
ちょっと待った‼︎   (ねるとん紅鯨団ふう)←古っ


お店の方から
ご飯に乗せるならこれですよ~と出されたのが

特選カルビ  (通常 一人前  1480円)

なるほど!

ごもっともです( ´ ▽ ` )ノ
素晴らしいサシの入ったお肉ではらありませんか!


特選カルビ

オンザライスショットをご覧ください( ´ ▽ ` )ノ


究極に熟され
熟れた脂は、ちょいと加熱されるだけで
口に含みますと
旨味のエキスが

ナイアガラの滝状態‼︎


俺のカラダもドライエイジングして貰おうかねσ^_^;
まあ、听さんの平松牧場の黒毛和牛みたいにゃならんでしょうがね~



さてラストの
熟成肉はなんと

もも!


正直、カルビ、特選カルビときては幾ら何でも
モモ肉では 固さを感じたり、美味さは落ちるってならないかな~( ゚д゚)と思ったのですが、、、


揉みこみ  赤身もも  (通常一人前 680円)


綺麗なお肉と盛り付けではありますが、、、


じじゅ~っと焼いてもらいまして

えっえっ!


めっさ柔らかく美味いやん!

お店の方もニヤリ( ̄+ー ̄)
これが熟成肉の真髄だとか

確かにカルビなどは脂の旨みの要素が大きいのですが

ももは、赤身肉の美味さだけで勝負!って部位
あっさりした中にも、
柔らかい噛みごたえと肉本来の美味さは  最後に味わうにはぴったりでしたね(^_^)

そしてシメは
听名物・牛飯 (通常  680円)


美味い熟成肉がゴロゴロ入ってて
ご飯一粒一粒に、肉の旨みが絡みついた名品ご飯です


そして
焼肉には欠かせない

韓国冷麺  (780円・ハーフなら400円)



この、乗っかってる、お肉がまた柔らかく美味い!
流石最後まで肉の拘りが感じられますよね( ´ ▽ ` )ノ


デザートに
マンゴーシャーベット

後口爽やかに
宴は終了しました( ´ ▽ ` )ノ



メディアでも沢山取り上げられてるお店ではありますが

お値段的には
けっして 敷居が高いわけではなく

3500円からのコースなんかもあり
熟成肉を お気軽に味わえるお店なんですね(^_^)

熟成肉


味、食感ともに  満喫させて頂きました( ´ ▽ ` )ノ

美味しいお肉が食べたくなったらまたきまっさ!
ごっそはん(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ(=゚ω゚)ノ

こんなん参加してます

おしとくなはれ

ランキングアップに清きワンクリック

ご協力下さいm(_ _)m

にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村


こちらもよろしくねd( ̄  ̄)




大阪食べ歩きランキングへ