ダイエット76日目
YouTubeで『どやメシ紀行』というCSで放送中の番組があるんですが

そこで紹介されてる店で北新地にあるお店

昼は鳥肉屋さんとして卸をされて
夜は焼鳥を中心にした鳥料理の店をされている

めっちゃ立ち呑み魂をそそられる店

このお店に伺ってきました。


『とり甚(とりじん)』さん



マジ北新地と思う店構え


やはり昼間、鳥肉の卸屋さんしてるの解るわ


実は、この日は妻と長女で伺いました。

まずは、ビーとウーロン茶で乾杯

妻はお酒が弱いのでウーロン茶で



お店の、鳥の様なおばちゃんが
(吉本新喜劇の桑原和男さん演じる、おばあちゃんを更に年輩にし、鳥に近づいた感じ)


『メニューねぇ~、ウチはメニューおませんのや』
(いきなり、変わった店臭炸裂)

というのも、この日は
二階に行ったのです。

本来は一階にネタケースがあり
そこには価格も表示されています。


『焼きもんの前に生もんでもどないでっしゃろぉ~』


じゃあオバ、、、お姐さんヨロシク‼お任せしまんねやわ


ホンで、オバ、、、いやいやお姐さんが階段よろよろ上がり持って来てくれはったのは

レバ刺


ササミのタタキ


レバ刺は、めっちゃ新鮮
臭みや癖が全くなく

あっ‼と言うまで食べ切りました


ササミも、新鮮なせいか程よい肉の硬さと旨味が詰まったお肉は今まで食べたタタキの中で一番やわ


なかなか期待できるね


生もん食べ終わる頃には、串もんもやってきました

つくね
一本 170円


揚げ焼したはるから、つくねの周りが

パリッとして中は柔らかい。

初めての食感のつくねやね


かわ
一本 170円


これも、揚げてるからパリウマです


特選焼鳥
一本220円


うーーあめっさ凄い肉や

こんな旨味の塊みたいな鳥肉食った事あらへんわ

ひとりで4本くらい食いたいきぶんやわさ


そして、

私が一番期待してた


唐揚げ
通常4個で650円
手羽先唐揚げ
値段不明


まずは唐揚げ

大きさはケンタぐらいある大きさ

うーほー
これも旨味の塊や
下味もそんなに濃くなく、塩もレモンもかけなくてもめちゃくちゃ美味い

しかし

それ以上に美味かったのが

手羽先唐揚げ

なんやろか~手羽先の皮に包まれて眠りたいって感じしたもん

絶品でしたわ
これなら5本は楽勝で食える


名物おば、、お姐さん

『またゆっくり、きとおくれやすぅ
お鍋もウチは美味しおすえぇ~』


この日は上記の料理にビール三本、ウーロン茶一杯で7200円を7000円にオマケ

お姐さん、また来ますね

今度は一階の立ち呑みコーナーで
ネタケース見ながら呑ませて貰いまっさ


鳥は堪能したんですが、

もう少し美味しいお酒とアテとシメを楽しみたく

のりぴー一家は天満に向かいました

(次回つづく)




こんなん参加してます
おしとくなはれ
ランキングアップに清きワンクリック
ご協力下さいm(_ _)m
にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ
にほんブログ村
これもヨロシク哀愁(-_^)
にほんブログ村 酒ブログ 大阪飲み歩きへ
にほんブログ村